top of page

カロリー制限と抗老化効果:CALERIE研究の新たな知見

老化は避けられないプロセスですが、その進行を遅らせ、健康的な生活を維持する方法を探る研究が進んでいます。カロリー制限(CR)と糖尿病治療薬であるSGLT2阻害薬およびGLP-1受容体作動薬が、その可能性を秘めたアプローチとして注目されています。本記事では、これらの戦略が老化に与える影響について詳しく探ります。


カロリー制限の効果

CALERIE(Comprehensive Assessment of Long-term Effects of Reducing Intake of Energy)研究は、持続的なカロリー制限が生物学的老化に与える影響を調査しました。この研究は、健康な非肥満成人を対象に行われ、2年間にわたってカロリー制限グループ(CRグループ)と自由摂取グループ(ALグループ)を比較しました。

結果、CRグループはALグループに比べて生物学的年齢の増加が遅いことが示されました。特に、CALinAge時計を使用して測定された生物学的老化速度が有意に低下しました。これにより、カロリー制限が老化プロセスを効果的に遅らせる可能性が示唆されています。


糖尿病治療薬の新たな役割

⚫︎SGLT2阻害薬の抗老化効果

SGLT2阻害薬は、腎臓でのグルコース再吸収を抑制し、尿中に排出させることで血糖値を下げます。この薬剤は、以下のメカニズムを通じて抗老化効果を持つと考えられています。


  1. 血糖管理とインスリン感受性の改善: 血糖値の安定化は、インスリン感受性を改善 し、糖尿病関連の合併症を減少させます。

  2. 体重減少: SGLT2阻害薬の使用により体重減少が見られ、これが心血管リスクの低減や全体的な健康状態の改善に寄与します。

  3. 心血管保護: 心血管疾患のリスクを低減する効果が示されています。


⚫︎GLP-1受容体作動薬の抗老化効果

GLP-1受容体作動薬は、インスリン分泌を促進し、グルカゴン分泌を抑制することで血糖値を下げます。この薬剤も、以下のメカニズムを通じて抗老化効果を持つとされています。


  1. 血糖管理と代謝改善: 血糖値の管理を改善し、インスリン感受性を向上させます。

  2. 体重減少と脂肪分布の改善: 特に内臓脂肪の減少に効果的で、心血管リスクの低減に寄与します。

  3. 心血管保護: 心血管疾患の予防に効果があります。


研究の重要性と今後の展望

これらの戦略は、単に糖尿病治療にとどまらず、広範な健康改善と老化遅延に寄与する可能性を示しています。今後の研究では、これらのアプローチがどのようにして健康寿命を延ばし、老化関連疾患を予防するのかをさらに明らかにする必要があります。


まとめ

 この論文を読んで思ったことはやっぱりカロリーは摂取し過ぎても良くないけど油・塩・砂糖の組み合わせは美味しすぎて食べてしまうのはどうにもならないと思います。ラーメン美味しいでしょ。マクドナルドもケンタッキーもうまいでしょ。他にも美味しいもので溢れかえってるでしょ。 あとは肥満に関しては肥満であって何か得なことがあるかと考えるとあんまりというかほとんど得な事がない気がします。 しかもダイエットは過酷だし続かない。もうこれは異論はないでしょう。楽にと言ったら語弊がありますが(ダイエットを継続するよりは明らかに楽でしょう)、SGLT2阻害薬は服用するだけでカロリー制限になるし、GLP-1受容体作動薬はうまく効果出ればナチュラルに食事摂取量が減らせる。どちらも医師の処方箋がないと使えないし副作用のリスク・適応もあるのでこれらの薬剤を使用したい場合は医師に必ず相談しましょう。


 カロリー制限と糖尿病治療薬であるSGLT2阻害薬およびGLP-1受容体作動薬は、老化プロセスを遅らせる有望な戦略です。これらの方法は、血糖管理、体重減少、心血管保護などを通じて、全体的な健康状態の改善に寄与します。今後の研究により、これらの戦略がより具体的に実践され、多くの人々が健康で長寿な生活を送るための手助けとなることを期待しています。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ワクチン接種の科学的裏付け:疾病予防と抗炎症効果の証拠

ワクチン接種について考える際、そのリスクとメリットのバランスを理解することが重要です。ワクチンは特定の疾病から体を守るための強力なツールであり、その効果は数多くの科学的研究によって証明されています。しかし、接種に伴うリスクも存在するため、これらを総合的に考慮する必要があります。 まず、ワクチン接種の主な目的は疾病の予防です。例えば、インフルエンザワクチンは毎年多くの人々に接種されており、その効果は

腰痛予防にウォーキングが効く?最新研究が示す効果と実践方法

腰痛に悩む方々に朗報です。最新の研究によれば、個別化されたウォーキングプログラムと教育介入が、腰痛の再発を効果的に防ぐことが明らかになりました。この記事では、この研究の詳細とその実践方法について詳しく解説します。 研究の背景 腰痛は非常に一般的な症状で、多くの人が一度は経験するものです。特に腰痛が再発することは、生活の質を大きく損なう原因となります。これまで、運動が腰痛の再発を防ぐ手段として推奨さ

生活習慣の改善で2型糖尿病を予防しよう

2型糖尿病とは? 2型糖尿病は、体がインスリンというホルモンを効果的に利用できなくなる病気です。インスリンは、血液中の糖を細胞に取り込み、エネルギーとして利用するために必要です。2型糖尿病では、インスリンが十分に分泌されなかったり、体がインスリンに対して抵抗性を持つため、血糖値が高くなります。 主なリスク要因 1.肥満 特に内臓脂肪が多い場合、インスリン抵抗性が高くなります。 2.運動不足 定期的

Comentários


bottom of page