top of page

新しい咳の薬

ゲーファピキサント(リフヌア錠®45mg):新しい慢性咳嗽治療薬 慢性咳は多くの人々にとって深刻な問題です。既存の治療法では改善が見られない場合、新しい治療オプションが求められています。ここで注目されるのが、新しい薬剤「ゲーファピキサント」です。


ゲーファピキサントとは?

 ゲーファピキサントはP2X3受容体拮抗薬であり、化学的に敏感な気道C線維上のアデノシン三リン酸(ATP)ゲート付きイオンチャネルをブロックします。これにより、咳の反射が抑制され、慢性咳の症状が軽減されることが期待されます。


臨床試験の結果

 ゲーファピキサントは「COUGH-1」と「COUGH-2」というフェーズ3試験でその効果が確認されました。これらの試験では、難治性慢性咳や原因不明の慢性咳に対する有効性と安全性が示されています。


副作用について

 味覚障害が最も一般的な副作用として報告されています。腎機能障害のある患者には用量調整が必要とされており、肝代謝よりも腎代謝が主な消失経路であることが確認されています。


併用療法の可能性

 ゲーファピキサントは末梢神経系で作用し、中枢神経系に作用する他の咳止め薬とは異なる作用機序を持っています。これにより、異なるタイプの咳止め薬との併用療法の可能性が考えられますが、この点についてはさらなる研究が必要です。


結論

 ゲーファピキサントは慢性咳嗽の新しい治療オプションとして注目されています。しかし、その使用には副作用や特定の患者群における注意点があります。慢性咳の治療に関しては、医師の指導に従い、個々の患者に最適な治療法を模索することが重要です。


<私の印象> 

今までは既存の鎮咳薬で改善できなかった患者さんにとっては良いと思いますが、如何せん味覚障害は困りますね。効果も少し咳が良くなるという効果が一般的なのでこの辺は患者さんと相談しながら内服するかどうか決めていかないといけないですね。(既存の咳止めでも便秘や胃部不快感が出たりするので)

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

APOE遺伝子〜私たちの脂質代謝と認知機能に及ぼす影響〜

私たちの健康に深く関わる要素の一つに、遺伝子があります。その中でも、APOE遺伝子は特に重要な役割を果たしています。この遺伝子は、主にコレステロール代謝、認知機能、そしてアルツハイマー病やレビー小体型認知症との関連で知られています。 APOE遺伝子には、ε2、ε3、ε4の3つの主要なアレルが存在します。ε2は保護的な変異であり、低い総コレステロール(TC)と低密度リポタンパク質コレステロール(LD

アレルギー性鼻炎・結膜炎について

春の訪れとともに、花粉の季節が始まります。しかし、多くの人々にとって、これはアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎といったアレルギー反応の季節でもあります。これらの症状は、日常生活に大きな影響を与えることがあり、適切な対処が求められます。この記事では、これらの状態の基本的な理解から始まり、診断、治療、そして日常生活での予防方法について詳しく解説します。 日本では鼻アレルギーの全国調査が1998年、2

Comentarios


bottom of page