top of page

肺炎球菌ワクチン 〜新しいワクチンが日本で承認〜

日本で承認されているワクチン

PPSV23; ニューモバックスⓇNP

PCV13プレベナー13®

PCV15; バクニュバンスⓇ 新しく承認された。2022年9月に国内薬事承認


 肺炎球菌ワクチンには、肺炎球菌結合型ワクチン(PCV)と肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(PPSV)の2種類があります。PCVは、肺炎球菌のいくつかの種類に対する免疫を身体に提供します。このワクチンは、肺炎球菌の表面に見られる特定の蛋白質(結合タンパク質)と、細菌の外部を覆っている被膜(ポリサッカライド)の一部を含んでいます。PPSVは、肺炎球菌の外部被膜(ポリサッカライド)のみを含んでいます。


 肺炎球菌は約100種類の血清型が存在し、これらのワクチンはその中の13種類もしくは15種類または23種類の血清型に対する免疫を誘導します。PPSV23は多くの血清型をカバーできる利点がありますが、免疫誘導能に課題がある可能性があります。


 日本では、簡単に言うとまずはPPSV23の接種を行う方針としています。肺炎球菌ワクチンを接種したことがないもしくは不明な場合にはPCVからの接種も検討してよいのではとなっています。 アメリカでは簡単に言うとPCV15もしくはPCV20の接種を行う方針としています。アメリカではすでにPCV20のワクチンがありますので日本とはスタンスが違います。


 基礎疾患のある患者はその重症度に応じてPCV13/PCV15-PPSV23による連続接種を検討する事とされています。また、免疫不全状態のある患者はPCV13/PCV15-PPSV23による連続接種が検討されます。これらのハイリスク者においては、その感染リスクを考慮してPCV13/PCV15接種後1年以内のPPSV23接種を検討することも考えられます。


 ただし、個人の健康状態や既往歴などによって、最適なワクチン接種スケジュールは異なる場合があります。医師や医療専門家に相談して、個人に適したワクチン接種スケジュールを決定することが重要です。 肺炎球菌ワクチンは歴史も長く、安全性も高いとされています。(私の経験でも肺炎球菌ワクチン(PPSV23もPCV13どちらも)は接種後の疼痛や腫れしか経験がないです。)


 <PPSV23とPCV13/PCV15の連続接種時の接種間隔>

①PPSV23の再接種間隔 PPSV23接種後5年以上の間隔をおいてPPSV23を再接種することが可能である。


②PCV13/PCV15接種後のPPSV23の接種間隔 PCV13/PCV15とPPSV23の接種間隔については、その安全性と両ワクチンに共通な血清型特異抗体のブースター効果が確認されている1年から4年以内に行うことが推奨される。


③PPSV23接種後のPCV13/PCV15の接種間隔 PPSV23接種後のPCV13/PCV15接種について、PCV13/PCV15接種によって先行するPPSV23接種後以上の免疫応答は得られないものの、1年の間隔が保たれれば、その安全性には問題が無いことが確認されている。


アメリカの高齢者の肺炎球菌ワクチン接種https://www.cdc.gov/vaccines/vpd/pneumo/hcp/who-when-to-vaccinate.html

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

COVID-19ワクチンの効果と有効性

はじめに COVID-19パンデミックが始まって以来、多くの人々が感染し、健康に長期的な影響を受けています。ワクチン接種は感染予防に有効ですが、感染後の健康リスクや長期的な影響についても効果があるのでしょうか?今回は、3つの最新研究をもとに、COVID-19ワクチンの効果と有効性、そして有害事象について分かりやすく解説します。 COVID-19ワクチンの効果 最初の論文は、ドイツの研究者たちがCO

ワクチンの感染予防以外の効果

ワクチンの抗炎症効果と慢性疾患予防 ワクチン接種の利点 ワクチンは感染症の予防だけでなく、炎症の抑制にも効果があることが知られています。これにより、炎症が原因で起こる慢性疾患の発症リスクを減少させることが可能です。 心血管疾患への影響 特にインフルエンザワクチンは、心血管疾患のリスクを減少させる効果があるとされています。感染を防ぐことで心臓への負担を軽減し、炎症反応を抑制することがこの効果に寄

新しいRSウィルスワクチン 〜高齢者と妊婦を対象にした〜

はじめに: 最近の医学研究において、RSウイルス(RSV)に対する新しいワクチン、RSVpreFの効果が注目されています。今回は、高齢者と妊婦を対象にした2つの重要な臨床試験の結果を分かりやすくご紹介します。 1. 高齢者を対象としたRSVpreFワクチンの効果 この試験では、約36,000人の高齢者が参加し、RSVpreFワクチンの効果と安全性が調査されました。このワクチンは、RSVによる下気道

コメント


bottom of page