top of page

骨粗鬆症とその治療

はじめに

 骨粗鬆症は、骨がもろくなり、骨折しやすくなる症状です。特に閉経後の女性や50歳以上の男性に多く見られますが、適切な治療で効果的に管理することが可能です。 一次性骨粗しょう症がいわゆる年齢等で骨が脆くなる。 二次性骨粗しょう症は疾患、内服薬の影響等で骨が脆くなる。


骨粗鬆症とは?

 新しい骨が作られる速度が古い骨が壊れる速度に追いつかないと、骨粗鬆症が発生します。この病気は、骨が弱くなり、身長が縮む、姿勢が悪くなるなど、生活の質に重大な影響を与えます。女性のエストロゲンレベルと男性のテストステロンレベルの減少が、この病気の発症と関連しています。さらに、栄養不足や運動不足も症状を悪化させる可能性があります。


治療の種類


運動

 有酸素運動の一つであるジョギングは骨密度を増やすのに良いとされています。骨密度も増えるし、心肺機能も改善するしでやった方が良いですね。後は、重いものを背負って歩く、持ち上げるのも良いとされています。


食事


 カルシウムも含んだ食事を摂取する。日本人の成人の1日摂取上限は2500mg/日だそうです。普通の日本人の食事ではまず達成しないそうです。下記のサイトでは食品を検索して食品の成分を詳しく見ることが出来ます。


ビスホスホネート製剤

簡単に言うと骨吸収阻害薬 ビスホスホネート製剤は、骨が壊れる速度を遅くする薬です。これらは、骨粗鬆症だけでなく、他の骨密度や強度に影響を及ぼす病気の治療にも一般的に使用されます。しかし、吐き気、腹痛、および腸の動きの遅れ・低カルシウム血症などの副作用があります。まれに顎骨壊死というまれな副作用が出ることがあります。


デスノマブ製剤

簡単にいうと骨吸収阻害薬 注射部位の、発赤・疼痛等 吐き気、腹痛、および腸の動きの遅れなどの副作用があります。低カルシウム血症 骨吸収阻害薬には顎骨壊死のリスクがあります。


骨粗鬆症治療薬PTH製剤

簡単に言うと骨形成促進薬 注射部位の発赤・疼痛等 吐き気、腹痛、および腸の動きの遅れなどの副作用があります。

骨形成の薬には顎骨壊死はないです。


ロモソズマブ製剤

簡単に言うと骨形成促進と骨吸収阻害の両方の作用がある。 副作用は注射部位の発赤・疼痛等、低カルシウム血症 こちらも骨吸収阻害なので顎骨壊死のリスクがあります。


その他の治療方法

薬物以外にも、骨粗鬆症を管理する方法はあります。

  • カルシウムとビタミンDのサプリメントもしくは内服薬: 十分な摂取が骨の健康に役立ちます。

  • ホルモン補充療法(HRT): 特に閉経後の女性に有用ですが、リスクと副作用も伴います。


まとめ

 一次性骨粗鬆症は、適切な治療で確かに管理することが可能です。しかし、これらの薬は医療提供者の監督の下で使用する必要があります。治療中の患者が口腔外科手術を受ける場合、医師と歯科医師との間でしっかりとしたコミュニケーションが必要な事があります。何よりも重要なのは、健康的なライフスタイルを維持することです。バランスの良い食事や適度な運動は、様々な健康問題を予防する基本的な方法です。更に詳しいガイダンスについては、医療専門家に相談してください。


参考文献

  • NIH Osteoporosis and Related Bone Diseases National Resource Center. "What is Osteoporosis?" Accessed September 2023. Link

  • Mayo Clinic. "Osteoporosis - Diagnosis and treatment." Accessed September 2023. Link

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「運動習慣をつけよう。運動で健康を手に入れる方法」 〜糖尿病ガイドラインより〜

糖尿病管理のための運動療法:効果と実践方法 糖尿病は多くの人々に影響を与える慢性的な病気ですが、適切な管理方法を取ることで、生活の質を大きく向上させることができます。その中でも、運動療法は非常に効果的な方法の一つです。今回は、糖尿病管理における運動療法の効果と具体的な実践方法について詳しく解説します。 糖尿病ガイドラインから引用してますが、運動に関してはあらゆる人にとって有用なものとなっています。

カロリー制限とNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)〜加齢に伴う健康リスクを減少させる新たな可能性〜

緒言 加齢に伴う健康問題への対策として、カロリー制限(CR:Caloric restriction)が有効であることが知られています。しかし、長期間の厳格なカロリー制限は実践が困難です。そこで注目されているのがカロリー制限模倣物質(CRMs:Caloric restriction mimetics agent)です。これらは、カロリー制限によって生じる生理的な効果を、食事量を減らすことなく模倣する

DEXAスキャンによる除脂肪体重、骨密度測定

健康とフィットネスは、現代社会において非常に重要なテーマとなっています。私たちの体を理解することは、健康的な生活を送る一歩となります。この記事では、除脂肪体重、骨密度、そしてこれらの要素を測定するためのDEXAスキャンについて詳しく説明します。 1. 除脂肪体重の重要性 除脂肪体重は、体重から脂肪の重さを除いたものを指します。これには、筋肉、骨、水、臓器などが含まれます。除脂肪体重は、筋肉量の近似

Comments


bottom of page