top of page

DEXAスキャンによる除脂肪体重、骨密度測定

健康とフィットネスは、現代社会において非常に重要なテーマとなっています。私たちの体を理解することは、健康的な生活を送る一歩となります。この記事では、除脂肪体重、骨密度、そしてこれらの要素を測定するためのDEXAスキャンについて詳しく説明します。


1. 除脂肪体重の重要性

 除脂肪体重は、体重から脂肪の重さを除いたものを指します。これには、筋肉、骨、水、臓器などが含まれます。除脂肪体重は、筋肉量の近似値として広く認識されています。筋肉量は直接測定することが難しいため、除脂肪体重が良い代替となります。


2. 骨密度とは?

 骨密度は、特定の骨領域の骨の量を示し、これは骨折のリスクを評価する際に重要です。骨密度が低いと、骨折のリスクが高まり、特に高齢者にとっては重大な健康問題となります。


3. DEXAスキャンの利用

 DEXAスキャンは、骨密度と除脂肪体重を測定する非常に正確な方法です。これにより、個人の骨と筋肉の健康状態を評価し、適切な健康管理と治療計画を策定するのに役立ちます。DEXAはまた、脂肪質量や脂肪分布、骨年齢、骨折リスク評価など、他の多くの重要なパラメータも測定します。


 除脂肪体重と骨密度を理解し、健康と活力を維持する事は健康の基盤を築くのに重要です。DEXAスキャンは、個人の健康状態を評価し、適切な健康管理計画を策定するのに役立つ貴重なツールとなります。


 私は運動と言われて大事なのは筋トレと有酸素運動だと考えています。筋トレをすると不安が減るし、基礎代謝も増える・年齢による身体の衰えを遅らせる効果もある。有酸素も不安が減るし、更にカロリー消費も少しできてかつ心肺機能の向上につながります。筋トレを継続したら、もしくは始める前でも現在の自分の筋肉量がどのくらいか、続けた場合の変化も数値で正確に分かるDEXAスキャンは良いと思います。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「運動習慣をつけよう。運動で健康を手に入れる方法」 〜糖尿病ガイドラインより〜

糖尿病管理のための運動療法:効果と実践方法 糖尿病は多くの人々に影響を与える慢性的な病気ですが、適切な管理方法を取ることで、生活の質を大きく向上させることができます。その中でも、運動療法は非常に効果的な方法の一つです。今回は、糖尿病管理における運動療法の効果と具体的な実践方法について詳しく解説します。 糖尿病ガイドラインから引用してますが、運動に関してはあらゆる人にとって有用なものとなっています。

カロリー制限とNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)〜加齢に伴う健康リスクを減少させる新たな可能性〜

緒言 加齢に伴う健康問題への対策として、カロリー制限(CR:Caloric restriction)が有効であることが知られています。しかし、長期間の厳格なカロリー制限は実践が困難です。そこで注目されているのがカロリー制限模倣物質(CRMs:Caloric restriction mimetics agent)です。これらは、カロリー制限によって生じる生理的な効果を、食事量を減らすことなく模倣する

骨粗鬆症とその治療

はじめに 骨粗鬆症は、骨がもろくなり、骨折しやすくなる症状です。特に閉経後の女性や50歳以上の男性に多く見られますが、適切な治療で効果的に管理することが可能です。 一次性骨粗しょう症がいわゆる年齢等で骨が脆くなる。 二次性骨粗しょう症は疾患、内服薬の影響等で骨が脆くなる。 骨粗鬆症とは? 新しい骨が作られる速度が古い骨が壊れる速度に追いつかないと、骨粗鬆症が発生します。この病気は、骨が弱くなり、身

Comments


bottom of page