top of page

咳(咳嗽)について

急性咳嗽、亜急性咳嗽、および慢性咳嗽

 はじめに: 咳は私たちの体からの重要な信号であり、特に冬季には風邪やインフルエンザといった一般的な感染症の兆候となります。しかし、咳が持続すると、それは日常生活において問題をもたらし、時には潜在的な健康問題の警告となる可能性があります。咳は主に3つのカテゴリー、すなわち急性咳嗽、亜急性咳嗽、および慢性咳嗽に分類されます。それぞれのカテゴリーは異なる原因と治療法を持っています。この記事では、これらの咳のタイプを詳しく探り、最も一般的な原因と治療法に焦点を当てます。


急性咳嗽

 急性咳嗽は通常、3週間程度続く咳であり、多くはウイルス性の上気道感染症によって引き起こされます。このタイプの咳は通常、体が感染症と戦う過程で自然に解消されます。しかし、細菌感染が疑われる場合には、抗生物質が推奨されることがあります。急性咳嗽の患者は、休息、適切な水分補給、および必要に応じて咳止め薬・去痰薬を使用することで症状を管理することができます。 急性の咳で抗生剤を使用するかどうか胸部レントゲンを施行するかどうかは患者さんの状態を診察してから判断する事が多いです。


亜急性咳嗽

 亜急性咳嗽は、急性咳嗽の後に3から8週間続く咳であり、しばしば感冒後咳嗽と呼ばれます。このタイプの咳は、通常、感染症の治療後に持続する炎症に起因しています。治療は主に症状の管理に焦点を当て、咳止め薬・抗ヒスタミン薬等が処方されることがあります。 だいたい1か月を超える咳症状なので胸部レントゲンを撮影することが多いです。もともと気管支喘息を持っている患者さんでは喘息発作の咳か感冒後の咳か判別がつかないことがあります。


慢性咳嗽

慢性咳嗽は、8週間以上続く持続的な咳を指します。慢性咳嗽の一般的な原因には、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、胃食道逆流症(GERD)、および肺がんなどが含まれます。慢性咳嗽の治療は困難であり、しばしば個別の診断と個別化された治療計画を必要とします。慢性咳嗽の診断は、通常、胸部X線、胸部CTスキャン、および咳の原因を特定するための他の特殊なテストを含みます。 2か月を超える咳になるので胸部レントゲンはそれまでに撮影されていればもう一度比較の為に胸部レントゲンを撮影したり、胸部CT等を検討します。


診断と治療のアプローチ

咳の診断と治療は、患者の症状、医療履歴、および物理的評価に基づいて行われます。特に慢性咳嗽の場合、胸部の画像診断や痰の分析などのさらなる検査が必要となることがあります。治療は、可能な限り咳の原因を特定し、それに対する特定の治療を提供することを目的としています。 可能な限り原因を調べても原因がわからず3か月~6か月くらい経過して良くなることもあります。


まとめ

 咳は、時には煩わしいものであるが、重要な健康の指標になることもあります。咳の持続時間と重症度に応じて適切な診断と治療を受けることが、症状の改善とより良い健康状態の維持につながります。急性咳嗽、亜急性咳嗽、および慢性咳嗽は、それぞれ異なるアプローチと治療法を必要とし、患者と医療者の間の明確なコミュニケーションが重症です。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

APOE遺伝子〜私たちの脂質代謝と認知機能に及ぼす影響〜

私たちの健康に深く関わる要素の一つに、遺伝子があります。その中でも、APOE遺伝子は特に重要な役割を果たしています。この遺伝子は、主にコレステロール代謝、認知機能、そしてアルツハイマー病やレビー小体型認知症との関連で知られています。 APOE遺伝子には、ε2、ε3、ε4の3つの主要なアレルが存在します。ε2は保護的な変異であり、低い総コレステロール(TC)と低密度リポタンパク質コレステロール(LD

新しい咳の薬

ゲーファピキサント(リフヌア錠®45mg):新しい慢性咳嗽治療薬 慢性咳は多くの人々にとって深刻な問題です。既存の治療法では改善が見られない場合、新しい治療オプションが求められています。ここで注目されるのが、新しい薬剤「ゲーファピキサント」です。 ゲーファピキサントとは? ゲーファピキサントはP2X3受容体拮抗薬であり、化学的に敏感な気道C線維上のアデノシン三リン酸(ATP)ゲート付きイオンチャネ

Comments


bottom of page